L-シスチン(シスチン)とは?

L-シスチン(シスチン)は、からだをつくるために必要なアミノ酸のひとつで、美容や健康にも関係しています。

たんぱく質の素になる
アミノ酸の一種、L-シスチン

そもそもアミノ酸とは?

図:からだの構成

からだの約60%は水分でできていますが、次に多いのはたんぱく質。たんぱく質は、内臓や筋肉、血液・骨・爪・髪・皮膚の材料になるほか、酵素やホルモンなど生きるために大切な栄養素。成人女性では、1日50gのたんぱく質が必要とされています。

図:アミノ酸はたんぱく質の材料

アミノ酸は、このたんぱく質の材料。言い換えると、アミノ酸がつながってできたものがたんぱく質です。

私たちは食事でたんぱく質を摂りますが、そのままでは吸収されません。体内で一度アミノ酸に分解してから吸収された後、再びたんぱく質となりさまざまな働きをしているのです。

図:1日に50gのたんぱく質を摂るために必要な食品

※日本人の食事摂取基準(2015年版)より

L-シスチンとシステインの違いとは?

化粧品やサプリメントでよく耳にするシステイン。L-シスチンと名前が似ていますが、どちらも美容と縁の深いアミノ酸です。

L-シスチンは、システインが2個結びついたもので、髪や爪に含まれるケラチンというたんぱく質に豊富に含まれるアミノ酸です。一方のシステインは、主にシミの原因となるメラニン色素を抑える、という役割をもっています。

L-シスチンとメチオニンの関係は?

L-シスチンと調べると、メチオニンという栄養素がたびたび登場します。メチオニンとは、体内でつくることができない必須アミノ酸のひとつで、L-シスチンの材料になることがあります。
メチオニンを摂ることがL-シスチンの補給へもつながるのです。

L-シスチンが豊富な
食品/食べ物

図:L-シスチンが豊富な食品/食べ物

L-シスチンを多く含んでいるのは、動物性たんぱく質が豊富な肉や魚、豆類などの食品です。

カミエルにはL-シスチンが
6mg配合されています

カミエルなら、L-シスチンを毎日摂取でき、バランスの良い食生活をサポートできます。

※ 4粒当たりの配合量